ペネロペキャンペーン
プラス糀 糀甘酒
プラス糀 糀甘酒 大容量パック
馬路村農協

甘酒の特徴

  • 米糀が持つ分解酵素の働きでお米に含まれるデンプンが糖化されるため無加糖なのに甘さを感じます。

  • 米糀の甘酒は、酒粕から作られた甘酒と違いアルコール0%なので、お子様や妊婦さん授乳中のお母さんにもおすすめです。

  • 冷やしても、そのままでもおいしい甘酒。
    カートカンタイプは、フタを開ければ容器のまま電子レンジで温めてお飲みいただけます。

  • 飲む点滴と称されるほど、栄養が豊富。
    適度な塩分が夏の熱中症対策にもおすすめです。江戸時代には老若男女の栄養補給として飲まれていました。

フィルム

生活シーンに あわせた甘酒

手軽に甘酒を飲みたい方

アルコール0%、無加糖のマルコメの糀甘酒は、小さなお子様にも飲みやすく熱中症対策にもオススメ。
【ストロー付きタイプ】は、大人の方はもちろん、小さなお子様でも手軽にお飲みいただけます。
※乳児用規格適用食品

こんな方にはこちらの商品がおすすめ

毎日飲みたい方/ご家族で飲みたい方

飲む点滴とも呼ばれている甘酒は、毎日の栄養補給にぴったり。
毎日続けて飲みたい方やご家族みんなで飲みたい方には【大容量タイプ】の1000mlがお得でオススメです。
そのまま飲む以外に、おやつやお料理にもたっぷりご活用いただけます。

こんな方にはこちらの商品がおすすめ

レジャーで飲みたい方

甘酒はアウトドアやスポーツシーンでの栄養補給にもぴったり。
軽くて便利な【フリーズドライタイプ】は、水にも溶けるから、山登りやキャンプなどのレジャーにもオススメです。
ワンハンドで飲める【ゼリータイプ】は、ランニングやスポーツ時でも手軽に味わえます。

こんな方にはこちらの商品がおすすめ

手作りを楽しみたい方

手作りの甘酒を楽しみたい方には甘酒メーカーと国産米こうじがセットになった【スターターキット】がオススメ。
キッドが届いたら、すぐに手作りいただけます。
甘酒はもちろん、塩糀・しょうゆ糀・ヨーグルトの発酵食品を手軽にご家庭で作れます。

こんな方にはこちらの商品がおすすめ

容器のまま温めて飲みたい方

冷やしても、そのままでもおいしい甘酒は、温めれば冷え対策にもオススメ!
紙製の【カートカンタイプ】は、フタを開ければ"容器のまま"電子レンジで温めてお飲みいただけます。
飲んだ後の容器は古紙としてリサイクル可能な環境にもやさしい容器です。

こんな方にはこちらの商品がおすすめ

新しい味を楽しみたい方

マルコメの甘酒は、バリエーションも豊富!
新たに、高知県馬路村村のゆず果汁を使用した【ゆずブレンド】と長野県産シナノスイート果汁を使用したゼリータイプの【甘酒ゼリーりんご】が仲間入り。
甘酒の栄養を取りながら、いつもと違う味を楽しみたい方にオススメです。

こんな方にはこちらの商品がおすすめ

甘酒をつかった おすすめレシピ

健康志向の方におすすめ
NO.1

甘酒のスムージー

甘酒のスムージー
冷え性の方におすすめ
NO.2

甘酒のホットレモネード

甘酒のホットレモネード
○○○の方におすすめ
NO.3

鮭の照り焼き

鮭の照り焼き
詳しくはこちら

甘酒に関するQ&A

「プラス糀 糀甘酒」は、赤ちゃんは何か月くらいから飲めますか?そのままあげてもいいですか?
食塩が含まれておりますが微量ですので10ヶ月よりそのまま栄養補給としてお飲みいただいても大丈夫です。
あまり濃い味を飲ませたくない場合は10ヶ月以降は3倍ぐらいに水で薄めて、1歳ぐらいなら2倍ぐらいに薄めることをお勧めいたします。(酒粕を使用した甘酒はアルコールを含むことがありますので、ご注意ください)
「プラス糀 糀甘酒」にアルコールは含まれていますか?
「プラス糀 糀甘酒」は、米糀からつくったアルコール0%、無加糖の甘酒です。
米糀からつくった甘酒は酵素の働きで、米のデンプンが糖化されて甘くなるため、無加糖でも米糀の甘酒ならではの、自然で濃厚な甘みを楽しめます。
米糀と酒粕でつくった甘酒の違いとは?
酒粕でつくった甘酒は、酒粕をお湯で溶いて砂糖を混ぜたものです。
「プラス糀 糀甘酒」は、米糀からつくった甘酒で砂糖を一切加えていない自然の甘みなのに対し、酒粕でつくった場合にはお砂糖を加えないといけないといった違いがあります。
甘酒と白酒の違い
一般的に米糀からつくった甘酒は、ご飯やおかゆなどに米こうじを混ぜて保温し、米のデンプンを糖化させたもので、アルコールをほとんど含まない甘い飲み物です。
一方、白酒は、みりんや焼酎などに蒸したもち米や米糀を仕込み、1ヶ月程度熟成させたもろみを、軽くすりつぶしてつくった酒のことをいいます。
「乳児用規格適用」とは何ですか?
平成24年4月1日厚生労働省より、食品中の放射性物質の新基準値が適用されました。1歳未満のお子様対象の乳児用食品は、一般食品より低い基準値(※)が設けられており、そのことをわかりやすく示すために義務付けられたのが「乳児用規格適用」の表示です。

※一般食品 100ベクレル/kg、乳児用食品 50ベクレル/kg